戸田レインボウRC

ボート競技のメッカ「戸田ボートコース」で練習する市民ボートクラブ「戸田レインボウRC」の活動報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

10月9日の練習

9日の練習はなんと、ペア艇に乗艇です。

みんなが集合した県艇庫の桟橋に、まずはペア艇を届けてもらいます。
IMGP0371.jpg




で、これが噂のペア。

IMGP0374.jpg



乗艇できるのは二名なんですが、みんな興味津々。
誰が乗るのか、乗ったら漕げるのか、漕いだら沈しないのか。
IMGP0375.jpg

代表がバウに、選ばれた最初の犠牲者は彼。表情堅いですねぇ。

IMGP0382.jpg


では感想を。

ペアの体験の一番手で乗艇、前日のツーリングボートなど比にならない不安定感!
バランスをとるために「オールを上げて」と指示されてブレードを上げるとさらにバランスが悪くフラフラ…

「反対、上げるんだよ!」と指示され、オールを握る腕を上げて、ブレードを下げるよう指示されていることにようやく気が付く始末。

体も頭もカチコチ、バックロウの指示に、「あれ?バックロウってどう漕ぐんだったっけ?」状態。良い経験をさせていただきました。^^;


普段、何してもほとんど揺れないナックルばかりの乗艇ですから、揺れの恐怖は仕方ないですよね。
さらに先頭バッターですから、恐怖はひとしおだったのではないでしょうか。


次の人。ポジション変えて代表がストサイです。
IMGP0390.jpg

では感想を。

本日初めて、ペアに乗艇させていただきました。

身分不相応にシェル艇に乗たいとスケジュールに書き込んだところ代表が叶えてくれました。

「乗挺する人は着替えを用意するよう」との書き込みで、“沈”を連想。なら、絶対に乗艇しないと心に決めて練習に参加。しかし言い出した手前、引くに引けず、“清水の舞台から飛び降りる”覚悟で乗艇させていただきました。

最初に乗艇した人が代表のサポートで難なく漕がれているのも、背中を押してくれたと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、いざ乗艇してみると、代表のサポートで艇が揺れることもなく、シェル艇の雰囲気や、軽さを実感でき、最高の乗艇でした。


二番目ということ、沈せずに最初のペアが戻ってきたことで心のゆとりが生まれたようですね。


さてしんがり。女性ですよ。しかもどうやら水着を仕込んできたようで。
IMGP0411.jpg IMGP0398.jpg

とても貴重な体験をさせていただきまして、誠にありがとうございました!m(_ _)m

不安定な貝殻艇!?をいかにバランスをとりながら漕ぐか…ということの大切さを知りました。
事前の仕込み、水着着用(*^_^*)コレはバッチリでしたのに、お披露目することなく無事に体験終了~!(^o^)/

それも、これも一緒に乗艇していただきました、代表のおかげと思っております。私のカワユイ悲鳴に何度もヒヤヒヤされたことでしょう…(^_^;)

それにしても、オールのバランスだけでもあんなにもの揺れを感じるなんて、よく考えれば理解できることですが、奥の深いスポーツだとつくづく思いました♪('◇')ゞ


自分自身が泳げない為に水が怖くて、水に関するスポーツに触れることのなかった私σ(^◇^;)。。。レインボウの練習に参加する度にボートの魅力にはまっているのでした~!(^o^)/




うーん、水着はネタだったのか、それとも本当に仕込んできたのか、とうとう答えは出ずじまいでしたねぇ。
体験乗艇は三名で終了。

所用で遅刻してきたメンバーが揃ったところで二組に分かれてナックル乗艇。
IMGP0362.jpg


風もなく穏やかな休日。本日も楽しい練習でした。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。