戸田レインボウRC

ボート競技のメッカ「戸田ボートコース」で練習する市民ボートクラブ「戸田レインボウRC」の活動報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

みんな、ありがとう。交流レガッタ加古川大会の感想載せます。

いろいろありましたがレースそのものは結果が全て。


http://www.zenbokyou.org/22jigyou.html
↑こちらの中段には当日の写真が何枚かと全レースの結果が案内されています。

↓大会結果
http://www.zenbokyou.org/kakogawa%20kekka.pdf

結果が公表されているのでblogにはクルーの感想を載せてみます。

壮年女子のバウさん

私達壮年女子クルーは、
結局、最後まで一度もまともにクルー名を呼ばれなかった気が致しましたが…(^_^;)そんな中、クルー全員で上唇がカラカラに乾燥し、前歯がむき出しになろうとも最後まで頑張れたことは、私にとって とても大きな自信になったと同時に今後の課題もたくさん、みつかりました。

今後のレインボウの練習には、可能な限り参加し、ひとつずつクリアしながら楽しく漕ぎたいと思う気持ちとこれからも こんなど素人の私を熱血ご指導でビシバシと鍛えて頂ければ…これ幸い♪と思っております。
何卒、宜しくお願い致します!



壮年女子の3番さん

正直、今大会は500m漕ぎきれるのかとか、腹切ったらどうしようとか、気弱になっていたんです…

でも、レースで大切な事がよみがえりました。
ボートは自分一人でないと。
一緒に漕ぐ仲間がいるんだと。

本当に、感謝、感謝です!

応援してくださった皆様、ありがとうございましたm(__)m

自分の生活の中で仕事の他にこんなに頑張れる場所である、レインボウにも心から感謝です。


女子予選、決勝
女子予選 壮年女子決勝


クルーの写真
初日のお弁当 右が女子2番 表彰式の前におすまし


女子整調 女子cox、戸田レインボウ代表 女子3番とバウ、そしてクレーン車


女子バウ 女子3番




壮年男子の3番さん

さて、今年で戸田レインボウに入部して5年目になりますが、ここまで練習したことはありませんでした。昨年の決勝6位を上回る成績を目指して、男子クルーは闇連、潮来・香取レガッタと経験を重ね、本番に望みましたが今年は残念な結果となってしまいました。

でも、今年の男子クルーは練習の成果として、みんなで声を出し合い、最後まで力を出し切れた素晴らしいクルーだったと思います。個人的には予選時にアドレナリンが出過ぎて、空振りを1~2回してしまったこと、準決ではラストスパートで力が残っていなかった体力不足が来年の課題といえます。

戸田レインボウの皆様には、練習から大会本番まで支えられ励まされたこと、本当にありがとうございました。



壮年男子バウさん

交流自主練から本番レースまで皆様方のご協力、応援ありがとうございました。私個人としては今回で5回目の(我がままバウサイで)挑戦させてもらいました。毎回レースではミスを少なくして、練習の成果をだそうと心がけても、結果は反省の繰り返し。手足の動きにタイムラグが発生するのは鈍いのかな、年々体力的には厳しくなりますが、皆様方に許してもらえるならば、毎年交流を目標に練習を続けられればと思ってます。
これからもよろしくお願いします。



壮年男子coxさん

潮来の優勝の自信と、闇練の貯金を引っさげて臨んだ今回の交流レガッタ。

予選は、4艇中2位にて準決勝進出。
迎えての準決勝。
スタートきざみの5本まではほぼ横並び。しかしフルスライドの10本が漕ぎ終わるまでには、上位4艇にはすでに水を開けられてしまいました。
足蹴り、残り200mからのスパートもちから及ばず5位という結果に終わってしまいました。
COXというのは500mのゴール音を聞くまでは常に勝つことしか考えていないので、5個目の音が耳に入った瞬間、まず、頭を過ぎったのが、「漕手のみんな、ごめんなさい」でした。と同時に、「やることやっての結果がこれなんだ。みんなありがとう。」という言葉も過ぎりました。そんなこんなの状況の中で降艇した所、迎えてくれた仲間の眼からひかるものを見たとき、思わずもらい泣きしてしまいました。

決勝進出の6艇のタイムを見ると、すべて1分50秒台というハイレベルな所を見ると、今回の反省点、来年へ向けての課題も見つかりました。 

今回も、昨年に引き続きレースのくやしさ、感動をくれたクルーの皆さん本当にありがとう。



blog管理人

実は私が整調だったのですが、準決勝はレート落とせばさらに差がつくと思い必死に漕ぎました。

スタート後も他の三人と約束したピッチに落とさず、短いレンジでバタバタした漕ぎを強いてしいました。今思えば、開き直ってもっとゆっくり大きく漕ぐべきでした。スタート後の25本目くらいまでで一艇身の差。後は挽回できずズルズルと。ここで負けていなければゆとりを持ってもう少し良いレースができたと思う。悔しい、本当に悔しくて。

みんなには内緒にしていましたが、ゴール後負けた悔しさで目はウルウルでしたよ。

戸田の練習で普段から2分切って漕げるようにならないと、決勝戦にすら進めません。
表彰台はさらにその上のレベル。

交流レガッタの参加クルーは各市町村の代表ですからみんなとても強くてたくましい。

色々な方と話しをしましたが練習量はかなりのもので、自分たちの方が少ないくらいでした。
来年に向けて、課題も見つかったことだし、めげずに頑張ります。



クルーの写真
男子予選 男子準決勝 男子クルー


男子バウ 男子cox 男子クルー3


男子クルー2 男子クルー4


女子のcoxをした代表からは各クルーに対して個別のコメントだったので省略します。期待していた方、すみません。

しかし最後に代表の言葉で本日のblogは締めたいと思います。



交流レガッタへ参加、また応援していただいた方々ありがとうございました。心から御礼申し上げます。

良い思いをさせてもらいました!



そうでした、楽しい思い出がまた一つ増えました。みんなありがとうです。(by管理人)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。